>

歯をきれいにするアイテムは歯ブラシだけではない

使ってみよう便利なデンタルアイテム

日本人の多くが、「歯ブラシ」だけで歯のケアをしているそうです。
予防歯科で歯の定期メンテナンスをするのだから、自宅で歯磨きする時くらい自由にさせてよね!まあそうおっしゃらず。
スウェーデンではどうでしょうか。歯磨き粉だけでも結構な種類があるそうですが、日本に輸入できるものとできないものがあるので、ここでは日本でも利用される、歯をきれいにするアイテムをご紹介します。
まずは歯間ブラシ。文字通り歯の間をきれいにするブラシです。
そしてデンタルフロス。これは強い糸で、歯間ブラシで取り除けない食べ残しや歯石をこそぎ取ります。
そして歯磨きや歯間ブラシ、デンタルフロスの後に「デンタルリンス(洗口液)」で細菌の繁殖を予防します。デンタルリンスは口の中に爽快感が残るものが多いので、寝る前に限らず、歯磨きをするほどの時間がないときにも有効と言えます。

まずは意識を変えることから

私にとって歯医者さんとは「痛みを伴っても歯を直してもらうところ」でした。
悪くなったら行って、治す。病院というのはそういうものだと思っており、その考えを疑うことなどしたことがありませんでした。でも、違いました。
「歯を残す」考え方のスウェーデンに倣い、歯が痛くない今、予防歯科を始めればよかったのですね。
悪いところを治してもらうことはもちろん歯科医療にとって大事なことですが、今意識を変えて、予防することを始めてみませんか?そうすればこれからの人生は歯医者さんを嫌いにならない人生になるかもしれません。
そして予防歯科を始めておじいちゃんおばあちゃんになった未来は、予防してこなかった未来より、おいしく食べ物をかみしめられているかもしれません。


この記事をシェアする