歯医者さん、好きですか?

日本という国に生きている私の周りに「歯医者さん大好き!」という人は聞いたことがありません。80歳になったとき、日本の平均の2倍以上歯を残す国、スウェーデンでは、月に1回以上歯医者さんに行くという統計が。なぜそんなに行く必要があるのでしょうか?

歯医者さんに行くタイミング

突然ですが、あなたは歯医者さん、お好きですか…?
私は嫌いです。だいたい痛いし、しみたりするし、行くと想像するだけで結構うんざり、げんなりします。でもそこまで来ると仕方ないのです。歯医者さんに行かねばならない状況と言うのはだいたい切羽詰まっているものですから。
詰め物がとれた。
歯が痛い。
歯が抜けた。
歯が欠けた。
など、理由はそれぞれ違うでしょうが、行きたくない歯医者さんに行くわけですから、それなりに急を要しているわけですね。私も含めおそらくこういう方は多いのではないかと思います。
みなさん、おいしくご飯は食べられていますか?今おいしくご飯が食べられるのは、食事を噛める状態の歯があるおかげですが、その歯は一生健康でいてくれるのでしょうか?
統計によれば、日本人の歯は、40歳以降減少していきます。もともと28本(親知らずを入れると32本)ある歯は、80歳になるころに9本にまで減少するそうです。半分以上歯がなくなるなんて…想像しがたいことです。でも恐ろしい事実です。8020運動にもあるように20本の歯があればごはんを咀嚼(そしゃく)するのに事足りるそうです。20本と言わずもっと歯を残したい…。
どうすれば大切な歯を守れるのか。何が重要なのでしょうか。治療が上手な歯医者さんを見つけることなのか、痛くなったらとにかくさっさと歯医者さんに行くことなのか。
日本以外の国ではどの程度「自分の歯」を残せているのでしょう。80歳になったときの残存歯数(残っている自分の歯)の平均は、日本人では先ほど記したように9本、ところがスウェーデンで21本。アメリカで17本!この差は一体なんなのか、考えてみたいと思います。

スウェーデンのように予防するためには

老いはだれにでもくるもの。しかし老いによる歯の減少は食い止めることができます。それは虫歯を治療するという考え方ではなく、虫歯にならない口の中を作るという予防の意識。80歳になっても歯にストレスをかかえることなくおいしいご飯をたべるために何ができるのでしょうか。

歯をきれいにするアイテムは歯ブラシだけではない

いざ予防歯科に通って定期メンテナンスをしてもらうことになっても、もちろん自宅で歯を磨かなくてよくなったわけではありません。そして、これまで使用していた歯ブラシにプラスアルファのアイテムを使うことで、さらに今ある歯を強く!丈夫に!残せるかもしれません。

おすすめリンク